小児歯科Pedodontic

子供たちと歯科スタッフとの信頼関係

大人の方は、
歯科治療の必要性を理解し、歯科医師に対しても理解と期待をもって自らの意思で来院されます。
・・・しかし、子供たちは違うことが多いのです。
そこでまず、子供たちと歯科医師、あるいはスタッフとの間に”信頼関係”を作ることが大切になります。


  • 歯科医師は自分に好意をもっている。
  • 治療は自分のために行なわれている。
  • 歯科医師は自分の味方であり、自分をムシバイ菌(敵)から助けてくれる。
  • 治療を手伝うと、ムシバイ菌はいなくなって、よいことになること。

これらのことを、根気よく子供たちに伝えつづけると幼くても理解して、信じてくれるようになります。



治療後の術者や母親の接し方も次の診療につながる大切なことがらです。

よくがんばったね!」「えらかったね!」といったポジティブなはげましは、 次回の診療につながる大切なポイントです。 ぜひしっかりほめてあげて下さい。

子供たちは日々成長しています。 何かのきっかけで急激に歯科治療が上手にうけられるようになるのに驚かされます。 それまでのみんなの苦労が報われる喜びの瞬間です。
子供の心理をうまく捕らえることにより見違えるように上手になり得るのです。
今までうまくできなかった子供さんをお持ちのお母さんもあきらめないで下さい。
必ず上手にできる時が訪れますから。健康なお口を守ってあげるため、健康なお口を取り戻してあげるために、一度ご来院ください。
一緒に頑張りましょう!


むし歯の予防について。
むし歯は細菌によって引き起こされる病気ですから、規則正しい食生活と、お口の中を清潔に保つためのブラッシングで、ある程度予防することは可能です。 生活習慣の見直し規則正しい食生活の勧めと悪い癖等の改善、正しいブラッシング方法などを指導いたします。 口腔内から感染源となるう歯の除去う歯になってしまったら、年齢や症状を考慮し、最適な方法で治療をいたします。 メインテナンスによる良好な環境の維持フッ素の塗布やシーラントなど、メインテナンスによるリスクの軽減を行い、むし歯のない永久歯列へ導きます。
フッ素塗布とは?
歯質を強化する効果が最も高いとされる元素。歯をコーティングするのではなく、歯の表面自体を強化します。乳歯や生えはじめの永久歯に効果的。1年に3~4回の塗布をお勧めします。


シーラントとは?
奥歯の溝のところにできるむし歯を予防するために歯に塗る薬で、フッ素を放出します。特に6歳臼歯は溝が深く複雑なため、むし歯になる可能性が高いのです。そのため、シーラントは、6歳臼歯には特に効果的なむし歯予防法といえます。ただし、永久的な薬ではないので、定期的に塗ることが必要です。