インプラント治療Implant treatment

噛む機能を回復させる治療


インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法です。
歯を失ってしまった所に人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで回復させる治療法です。
インプラント治療はブリッジや入れ歯とは異なり、土台となる歯を削ったり、バネを他の歯にかけたりしないので、健康な他の歯に全く負担をかけないことにより、歯の寿命を延ばす事ができます。
硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすい、自然で美しい「歯」が特徴です。
インプラントに用いる「チタン」は骨と直接結合する特性を持っており、金属アレルギーの報告がない材料としても知られ、心臓のペースメーカーや人工関節など様々な分野で利用されています。




インプラント治療Q&A

誰にでも治療は受けられますか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から普通の健康状態の方であれば誰にでも治療を受ける事ができますが、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病や糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は制限される場合があります。
手術時に痛みはありますか?
麻酔をかけて行ないますので、手術中に痛むことはほとんどありません。歯を抜いた時のように手術後少し腫れることはありますが、通常は2~3日でおさまります。
治療期間はどのくらい?
インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。 その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。
治療の費用はどのくらい?
現在は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いとなっています。入れるインプラントの本数など治療内容によりことなります。
インプラントはどのくらいもちますか?
すでに25年以上使用されている方もおられますが、大切なのはお口のお手入れと定期的な点検です。お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。先生や衛生士の指導に従い、正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔に保つように心がけてください。