根管治療Endodontics

精密根管治療

「根管治療」とは、「歯の神経の治療」のことを指し、むし歯の治療を行ったことのある方の多くは経験されている治療かと思います。 これに対して、精密根管治療は、従来の根管治療では治療が出来なくて歯を抜くような症状でも、最先端の設備と技術で、できるだけ本来の歯を残せるようにするための精度の高い治療法です。
ご自身の歯を出来るだけ残すための治療「精密根管治療」ですが、歯科用CTなどといった最先端の歯科機器を使わなければ正確な診断が出来ないため行うことが出来ません。 また、歯の神経の近くまで虫歯が進んでしまったが神経を取りたくない、歯の根の治療をしているけどいつまでも治らないなど歯の治療で悩んでいる方はご相談ください。




根管を3次元的に診断するCTレントゲン

歯の根の数や形は同じではなく、人や歯によって違います。根管治療専門医では3次元のCTレントゲンを撮影して、複雑な歯の形を正確に診断してから根幹治療を行います。 通常の歯科治療では2次元のレントゲンで歯の根の形を確認します。そのため根が重なっていたり、根が曲がっていたりするとレントゲンでは分かりにくいため経験や勘で治療をしなくてはいけないため治療の精度が下がります。