和歌山県和歌山市 井関歯科医院
歯周病について
小児歯科
審美歯科
その他診療について

 
医院案内 院長紹介 院内のご紹介 院内のご紹介 関連リンク
トップページ


人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。
そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなって
ガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。


インプラントの仕組み
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を
埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。
埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。
その上に取り付ける人工の歯も、患者様に合わせて一本づつ作るので、
かみごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。

 
     
従来の治療(ブリッジ)
 
インプラント治療
両側の健康な歯を削る必要があります。
 
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない
歯並びを再現できます。
 
従来の治療(部分入れ歯)
 
インプラント治療
金具の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
かたいものが安心して食べられません。
 
止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。
 
従来の治療(総入れ歯)
 
インプラント治療
ガタつきがあると安心して食事ができません。
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って
痛くなることがあります。
 
自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、
安心して食事ができます。
 
従来の治療
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
 
インプラント治療
入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
※総入れ歯の場合、あごの骨がやせて
入れ歯が合わなくなることがあります。
 
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、
入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、
口元に安心感が持てます。


インプラント治療Q&A

Q誰にでも治療は受けられますか?
A:年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から普通の健康状態の方であれば誰にでも治療を受ける事ができますが、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病や糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は制限される場合があります。

Q手術時に痛みはありますか?
A:麻酔をかけて行ないますので、手術中に痛むことはほとんどありません。歯を抜いた時のように手術後少し腫れることはありますが、通常は2〜3日でおさまります。

Q治療期間はどのくらい?
A:インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。
その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。

Q治療の費用はどのくらい?
A:現在は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いとなっています。入れるインプラントの本数など治療内容によりことなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

Qインプラントはどのくらいもちますか?
A:すでに25年以上使用されている方もおられますが、大切なのはお口のお手入れと定期的な点検です。お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。先生や衛生士の指導に従い、正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔に保つように心がけてください。